首にいぼが出来る原因を解説|予防と治療方法を把握しよう

顔いぼとレーザー治療

カウンセリング

顔にもいぼが出来てしまいます。顔のいぼには、尋常性疣贅と呼ばれる遅いスピードで増加するものと、青年性扁平疣贅という早く広がってしまうものがあります。これらは2つともウイルス性のいぼになってしまいます。なお、加齢によって発生する老人性いぼ以外は、全部ウイルスに感染して出来てしまうものがほとんどになります。顔に発生してしまういぼは青年性扁平疣贅が多くて、10~20代の女性によく現れるでしょう。少し盛り上がったものが顔に出来てしまいますが、肌色のものはニキビと似ているので間違えやすいです。数ミリと小さいもので、1~2週間ほどで消えることがあります。ですが、再発を何回も繰り返して徐々に増加してしまうことがあるので、放置をするのは危険になります。また、顔いぼはウイルス性になるので、他人に感染してしまうのではないかと不安になってしまうと思います。顔いぼは基本的に他人に移るということはほとんどないので安心してください。しかしながら、顔いぼを引っ搔いてしまった手で他人の皮膚を触ってしまうと、その人がいぼが出来やすい体質だった場合にはうつしてしまう可能性があります。顔いぼのウイルス自体には感染力が弱いので、直接接触しない限りはウイルス性であってもそんなに神経質になる必要はありません。他人にうつってしまう心配はないと判明しても、顔いぼは美容面を考えるとコンプレックになりますので、早い段階から治療を行なうことをおすすめします。

顔いぼの治療で特に人気なのがレーザー治療になります。レーザー治療にも色々な種類があり、炭酸ガスレーザーやQスイッチルビーレーザーなどがあります。主に治療で使用されているのは炭酸ガスレーザーで、メスのように周囲の細胞や組織を傷つけることはなく、綺麗にいぼだけを除去してくれます。また、いぼの他にもホクロにも効果的で、レーザーが細胞の水分に入り込むことで蒸散させます。Qスイッチルビーレーザーはいぼやシミが出来てしまうメラニン色素を入り込んで、それを破壊することで除去する方法になります。いぼの症状によって、それぞれ使用するレーザーに違いはあります。皮膚科や美容外科できちんとカウンセリングを受けて、どのレーザーを使用すれば肌を綺麗に元通りに出来るかを相談しましょう。また、治療法にはレーザーの他にもメスを使用するものもあるので、どちらを選ぶかも医師としっかりと相談して決定することが大切になるでしょう。